最悪だよ!楽天市場の営業実績

その後の楽天市場への出店状況につきまして周りから聞かれるので状況と目的をディスクローズしておきましょう。
実質8月開店の楽天エンパワーメントプログラムですが、めでたく全国ワーストの記録を更新中だと思われます。
7月以降で1ヶ月の訪問が数人?販売実績まったくなし。
通常の出品者なら絶望的状況でしょうね。

実は某、中小業者団体のお友達から実態について教えて欲しいとのことで人柱になったのが実情です。売れるようだったらとバイトも最初に配置したのですが、あまりにヒマなので違う作業をお願いしたら辞めてしまいました。

という訳で月額の費用6000円弱は全くの赤字ということです。
そもそもオリジナル商品は売れるとか、珍しいので売れるとか言われて散々勧誘されるわけですが、それなりのサイトを構築してもなーんも売れない、広告やSEO対策で売れるように出来るというさらなる出費の営業だけは頻繁にありますが。安く誘って広告を打たすのが目的…これが現実でしょう。

商品点数が少ないとも言われますが受注生産品なのにたくさん出品は無理!だってサンプルをいっぱい作れば、ただの商品ロスになるだけですから。

当方の目的としては楽天銀行の法人口座を楽天市場に出店しているということで開設しやすくする。paypayなども同時に楽天・ヤフーストアを運営していると言うことで消費者還元も申請しやすくするのも狙いでした。

さらに重要なのは対外的に二つのメジャーショッピングサイトの運営によって社会的な信用も得られるということであります。
ただし安いエンパワーメントであれ放置プレー状態。赤字を垂れ流す訳にもいかず、次回の更新はしません…たぶん。

現状は広告代と割り切るしかありません。
ほかにも戦略はありますが楽天の人もチェックしているようなので秘密にしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください