電動バイク-デルスターのレストア-1

大まかなレストア計画と店長の私物売却で得た資金4万円を元手に暇と好奇心にあふれるプロジェクトの開始です。結局、譲ってもらった本人も修理するなら倉庫から持って行っていいよということなのでレストアネタにしていきます。

この車両のバッテリーは抜き取って中国製の装置で使おうとしていたわけなのですが劣化がかなり進んでいるようでこのバッテリー流用は中止。中国製の装置は大きな中古のディープサイクルバッテリーに置き換えることに決定。

まず、この車両の正体はなんぞや?ですがprozzaという会社が販売していた
デルスターNという車両でオプションの大きなカゴと大きなリアキャリアが付いていて
新聞配達や弁当屋さんなどのデリバリーに適した車両600Wのインホイルモーターで
大手家電屋さんでも販売したそうですが色々問題があって同社は電動バイクの販売
から撤退されたとのことです。

参考URL http://prozza.com/delstar/

★レストアを行う上での問題点と対策を列挙

・ライトが物理的に壊れている。
直径130mmのライトに置き換える。(ヤフオク1580円)
ヘッドライト球をLEDにする(アマゾン1300円)

・折れたフロントウインカーを交換・ウインカー球を交換
以前DAXのレストア用にストックしていたウインカーを流用(無料)

LEDウインカー球を購入(ヤフオク 5個セット700円)


ウインカーリレーをハイフラ防止に交換(アマゾン600円)

・テールランプを交換
以前持っていた未使用の汎用テールがほぼ同じものなので流用(無料)
テールダブル球をLEDに交換(ヤフオク 2個セット800円)


・バッテリー残量チェック用メーターが不調
残量メーターを購入(アマゾン1390円)


取付ステーは事務所に転がっていたものをもらい流用(無料)

・ブレーキマスターシリンダー窓からオイル漏れ
マスターシリンダー窓の購入交換(アマゾン2個 800円)


・バイクミラーが緩く勝手に動く
ミラーを交換(アマゾン534円)


・ライトのオンオフ機能配線が機能せず。法定上の常時点灯になっている
非走行時にライトを切りたい。でもパッシングは使いたい。
ライトスイッチを別途増設(アマゾン635円)

・割れたフットボード、溶接の取れたセンタースタンド、破れたシートは元取扱店の
お店から運よく以下3点をまとめて処分価格で購入。
(販売店処分 3点送料込みで6000円)

フットボード通常価格3000円(税抜き)
センタースタンド 通常価格5000円(税抜き)

シート通常価格8000円(税抜き)

★ここまでで消耗品を除き部品代14,339円

最大の問題はバッテリー12V-24Ah(3HR)=(6-EVF-24)ですがこれまた販売店さんが
数値の良い、新品なみのバッテリーを1個3500円の処分価格で購入。
メーカー販売価格=通常33,000円
(送料税込みで4個 15,000円)

48V用のデサルフェーター=通常価格9800円が(ヤフオク3980円)


ほぼ新品の性能を取り戻せるであろうところまで33,319円

製作にあたり費用捻出でヤフオクで処分した店長の私物が50,000円
もらったおじさんの自賠責加入が3年でもらった時点で2年以上あるのでそのまま
のれば10,000円以上の自賠責が無料となる。
さらに市内の近回りの移動に使えば2年はガソリン代が不要。

(自転車でも同じですが荷物がたくさん積める)

それでは少しづつレストアをシリーズで紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください