エクセルが開かない人、やはり多し!(KB4461627)問題

マイクロソフトのOfficeの自動アップデートでEXCELが開けないという問題が年明けから結構多発していてこの件に関しては対応策は流れていたのだけれどもそれを調べて直そうと考えるユーザーは少なく、あちこちで「会議の資料が作れない」とか「ファイルが開かない」とか年始から問い合わせがありサポートでバタバタしています。

基本的にアップデートされた部分を削除すれば問題は解決するようです。現在出張サポートが出来ませんのでMSの書き込みを参考にしてご案内します。

状況としてはマイクロソフトのWindowsUpdate、更新プログラム(KB4461627)を適用すると動かなくなるようです。Windows7でoffice2010の環境のお客様?は皆さんそうでした。症状を確認しているのは7と10です。

要するに原因はエクセル2010の自動アップデートのようです。
アップデートを削除すれば元通り使用可能のようです。

2019年1月に入りエクセル起動すると「Microsoft Excel は動作を停止しました」と表示される

解決方法 → Windowsアップデート KB4461627 をアンインストール

基本的には以下のリンクをご覧ください。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4461627/january-2-2019-update-for-excel-2010-kb4461627

Windows 10
左下の[スタート] を選択し、[Windows を検索] ボックスに
「インストールされた更新プログラムを表示」と入力し、
Enter キーを押します。
更新プログラムの一覧で、
インストール日が2019年1月のKB4461627を選択し、
[アンインストール] を選択します。

Windows 7
左下の[スタート] メニューを開き、 [プログラムとファイルの検索]の欄に「appwiz.cpl」と入力し、上に表示される[Appwiz.cpl]をクリックします。
[インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。
更新プログラムの一覧からインストール日が2019年1月のKB4461627を選択し、[アンインストール] を選択します。

KB4461627のアンインストールが完了したらWindowsを再起動しエクセルが正常動作するか確認ください。

今のところこれで解決するようです…。