エクセルが開かない人、やはり多し!(KB4461627)問題

マイクロソフトのOfficeの自動アップデートでEXCELが開けないという問題が年明けから結構多発していてこの件に関しては対応策は流れていたのだけれどもそれを調べて直そうと考えるユーザーは少なく、あちこちで「会議の資料が作れない」とか「ファイルが開かない」とか年始から問い合わせがありサポートでバタバタしています。

基本的にアップデートされた部分を削除すれば問題は解決するようです。現在出張サポートが出来ませんのでMSの書き込みを参考にしてご案内します。

状況としてはマイクロソフトのWindowsUpdate、更新プログラム(KB4461627)を適用すると動かなくなるようです。Windows7でoffice2010の環境のお客様?は皆さんそうでした。症状を確認しているのは7と10です。

要するに原因はエクセル2010の自動アップデートのようです。
アップデートを削除すれば元通り使用可能のようです。

2019年1月に入りエクセル起動すると「Microsoft Excel は動作を停止しました」と表示される

解決方法 → Windowsアップデート KB4461627 をアンインストール

基本的には以下のリンクをご覧ください。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4461627/january-2-2019-update-for-excel-2010-kb4461627

Windows 10
左下の[スタート] を選択し、[Windows を検索] ボックスに
「インストールされた更新プログラムを表示」と入力し、
Enter キーを押します。
更新プログラムの一覧で、
インストール日が2019年1月のKB4461627を選択し、
[アンインストール] を選択します。

Windows 7
左下の[スタート] メニューを開き、 [プログラムとファイルの検索]の欄に「appwiz.cpl」と入力し、上に表示される[Appwiz.cpl]をクリックします。
[インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。
更新プログラムの一覧からインストール日が2019年1月のKB4461627を選択し、[アンインストール] を選択します。

KB4461627のアンインストールが完了したらWindowsを再起動しエクセルが正常動作するか確認ください。

今のところこれで解決するようです…。

故障のATX電源をサポート用安定化電源に改造。

不良のPCについていたATX電源を修理し安定化電源に改造。
といっても回路的には不要な線を切って緑と黒の線をつなぐだけですが…。

同様の改造でスイッチやLED、電圧、電流計をつける方もおられますが当方は実用主義です。というかお金が無いのでとりあえず最低限使える状況で当店のサポート用電源に!HDDなどの周辺機器用に使います。
当電源では抵抗の増設も不要で正常に電圧も出ています。
電圧的にはDC+12V、+5V、+3.3Vだけなので表記ラベルも不要。

ということで風邪でどこにも行けない暇つぶし!

これで十分。

あけましておめでとうございます。

謹賀新年

旧年中はお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

2018年末までの仕事はまだこなせていないのですが、趣味的なサイト2本をアップしました。DECOフランクリーは相互RSSでいわゆるまとめサイト的なものです。

もう一つは演劇を啓蒙するものであり趣味サイト。
両方とも予算が無いのでライブドアブログにて運用。運営費用はほぼゼロですが広告がもうしばらくすると一杯出てくると思います。

このような簡単なまとめサイトであればブログでできますね。

facebookは仕様変更が多く最初とは別物のようになっていて多くの連携プログラムがうまく動かなかったりしているため今回は使ってません。古いバージョンは個人情報がダダ漏れだったわけですが、「 そういう仕様です! 」で逃げられるとユーザーは困惑します。

開発制作担当 オクダ

DECOの大衆版サイト 
http://blog.livedoor.jp/democracy_okayama/
演劇に関する紹介サイト http://blog.livedoor.jp/enjoy_engeki/