Wedding用にペンダントを作成

久しぶりMETAZAにて作成。

いわゆるダイヤモンドの精密彫金なのですが小さなものだと意外と調整が大変で何個もお釈迦にしてしまいました。今回は幅20mmほどのストーン付ハートに名前と日付を入れたもの。

ベースとなる素材自体がいいお値段なのです。

一品もののキーホルダーやペンダントトップ用に作ってみました。

METAZA(メタザ)サンプルを追加作成

メタザ用のサンプルが必要だということで作成しました。それぞれ形状にあわせたデータが必要なので形状データ作成もひと仕事です。ウエディングのハートサンプルでは丸の中に収まるように作成してみましたが写真の収まりが良くするには専用データ作成は必須。意外と緻密な作業が必要なのです。写真では大きく見えるかも知れませんが狭い部分に文字を合わせて入れたりするので素材のセッティングも慎重さが必要。METAZA8 METAZA7 METAZA5 METAZA4 METAZA3 METAZA2 METAZA1 METAZA10 METAZA9 METAZA11

打刻マシン-メタザMPX-80(METAZA)精度調整

ダイヤモンド打刻機MPX-80の精度調整を行いました。少しズレてるとは思っていたのですが実際の測定で大きく?ズレていて調整しました。写真入りペンダントも美しく打刻できます。文字もアイランドフィルという打刻方法で表現できます。写真では「おくだ工房」の部分がアイランドフィルにて印字しています。2枚目の写真が緑っぽいのはスマホカバーの映りこみです。メタザはドッグプレートをはじめ丸いペンやジッポーライターなどにも打刻できます。

メタザが久しぶりに稼働

当店の稼働率の悪い機械のひとつMETAZA MPX-80。あまり動かさないのも良くないということで手持ちの資材でペンダントトップというかIDタグのようなものを作成。写真の出力が毎度ビミョーとなります。単純なようでセットが重要なのです。さてステンレスの古いZIPPO(梨地)にはうまく彫刻が出来ませんでした。セッティングが違ったのでしょう。新しいZIPPOは出来るのに。他にもパソコンとの相性でうまく動作しないことを思い知らされた作業でした。

CIMG0158.JPG CIMG0154.JPG

 現実的には需要はペンダントトップ的なものよりもワンちゃんネコちゃんのドッグプレート(迷子札)がほとんどです。ただ動物は重くてブラブラすると嫌がる。アルミの小さいタイプが無難です。

ようこそ、Pogsおくだ工房へ!

Pogsと並行して運営しています。Pogsは一般コンシューマ向け、おくだ工房は業務ユーザー向けのパートを受け持っています。