エクセルが開かない人、やはり多し!(KB4461627)問題

マイクロソフトのOfficeの自動アップデートでEXCELが開けないという問題が年明けから結構多発していてこの件に関しては対応策は流れていたのだけれどもそれを調べて直そうと考えるユーザーは少なく、あちこちで「会議の資料が作れない」とか「ファイルが開かない」とか年始から問い合わせがありサポートでバタバタしています。

基本的にアップデートされた部分を削除すれば問題は解決するようです。現在出張サポートが出来ませんのでMSの書き込みを参考にしてご案内します。

状況としてはマイクロソフトのWindowsUpdate、更新プログラム(KB4461627)を適用すると動かなくなるようです。Windows7でoffice2010の環境のお客様?は皆さんそうでした。症状を確認しているのは7と10です。

要するに原因はエクセル2010の自動アップデートのようです。
アップデートを削除すれば元通り使用可能のようです。

2019年1月に入りエクセル起動すると「Microsoft Excel は動作を停止しました」と表示される

解決方法 → Windowsアップデート KB4461627 をアンインストール

基本的には以下のリンクをご覧ください。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4461627/january-2-2019-update-for-excel-2010-kb4461627

Windows 10
左下の[スタート] を選択し、[Windows を検索] ボックスに
「インストールされた更新プログラムを表示」と入力し、
Enter キーを押します。
更新プログラムの一覧で、
インストール日が2019年1月のKB4461627を選択し、
[アンインストール] を選択します。

Windows 7
左下の[スタート] メニューを開き、 [プログラムとファイルの検索]の欄に「appwiz.cpl」と入力し、上に表示される[Appwiz.cpl]をクリックします。
[インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。
更新プログラムの一覧からインストール日が2019年1月のKB4461627を選択し、[アンインストール] を選択します。

KB4461627のアンインストールが完了したらWindowsを再起動しエクセルが正常動作するか確認ください。

今のところこれで解決するようです…。

重要データの入った読み取り不能USBメモリーの修復作業

とても大切なデータが入ったUSBメモリーが読めなくなった。
どのPCでも「初期化しますか?」となるということで復旧の依頼あり。
とても時間がかかるので通常は受けたくない仕事(失礼)ですが他ではやってくれないということでお受けしました。

確かにパソコンでは読めないので専用のソフトでアナライズしてサルベージ手順をお客様に説明。
ただし絶対できる保証はありませんと伝えて作業開始。
結論からいうと成功
一部欠損した写真データは修復不能でした。
今回のデバイスは16GBのUSBメモリー。
ですがファイル解析に23時間以上。
救済したデータファイルを書き出すのに約4時間。
作業開始からの調査を含めると要した時間は約30時間!!!
中身のデータ容量は700MB程度。
作業の間はメンテ用のPCは完全にふさがります。
まともな工数計算だととても高くなるのですがパソコンがずっと動いているだけなので人間の実働時間がコストになります。
店長のお友達のお客さんなのでほぼ無料になる可能性もあります。
あとは店長の商売っ気があるか無いかですね。
これも動画を撮っていますがお客さんの個人情報もあるので公開されるかどうかはわかりません。

iMac27-2011midのSSD化の動画撮影しました。

仕事で使っているiMacのパフォーマンスをアップすべくSSD化をおこないました。新しいMacを購入する予算などありませんのでSSD化でしのぎます。

現状、Aftereffectのレンダリングなど速くしたい。
ということで当方のあちこちに普及していて実績のある?安価なSUNEASTの480GBのモデルをiMacにも採用。送料込みで11000円代で2台購入。
うち一台は私物なので店長のポイントで支払い。

同時に起動時にマシンガンのようにダダダダ!と大きな音を出していたスロットインDVDの分解修理を行うことも分解の目的。

SSDの増設に際して用意する部品。
・電源分岐ケーブル(アプライドで購入)
・SATAケーブル(手持ち品)

今回の作業に要する工具
・サクションカップ(吸盤)=事務所の台所から拝借
・トルクスレンチ10と6
・ピンセット=パネル固定用のネオジム磁石から磁力の予防?
・テープ=外した線を処理
・パンク修理に使うタイヤレバー=プラスチックヘラ(プラ製)
・スロットインドライブ分解用精密ドライバ+タイプ
・PCのお掃除道具

iMacのバックアップユーティリティ、タイムマシンでSSDにバックアップ。ここが一番時間がかかります。

後分解でSSD増設。

で要素がすごく多いのと今回は映像も撮影したので以降は後日6月中旬までにyoutubeにて動画公開予定。

ご期待あれ!

 

先日故障したサポート専用PCが復活しました。

先日のサポート用のPCが故障というシャレにならない状況でしたがKEIANの
GORI-MAX3の650Wの電源に交換。無事起動するようになりました。
価格は¥4270(amazon)
うちの仕入れよりamazonの方が安いという…。

KEIAN GORI-MAX3 電源ユニット ATX電源 650W 80PLUS STANDARD KT-S650-12A2

購入したのはこれ!
交換は簡単
無事起動しています。

これでデータ復旧やサポートもOK!

Windows10の更新1803のアップデートができない問題。

Windows10のアップデートがいつまでたっても終了せず、何度もダウンロードと再インストールを実行してもダメな場合。

この時に実はシステムのバージョンチェックで1709にすでになっているのにうまくいかないという事例が多いことは以前報告したとおり。

つまりアップデートは出来ているけどアップデートを促す表示がうっとおしい、毎度ダウンロードする不要なファイルで消そうとしても削除ユーティリティがシステムアップデートデータとして自動削除しない。

マイクロソフトでは状況は把握しているけど今後のアップデートで解決するとありました。

今回も新しいアップデート(1803)には前述の問題から進めずにいたわけですが、考えてみるとすでにシステムバージョンは1709になっているのだからダイレクトにダウンロードしてインストールする方法でいいんでないの?ということで直接マイクロソフトのサイトからアップデータDL用のソフトをダウンロードし実行したところすべての問題が解決しました。その後の1803がらみのアップデートもできるようになっています。

したがって同じお悩みをお持ちの方はシステムのアップデートを行わず直接マイクロソフトのサイトからのダウンロードで実行することをお勧めします。ただしすべてのみなさんが同じ方法でうまくいく保証はありませんのであくまで自己責任でお願いします。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

これだったのか?「Windows 10」春のアップデート後のChrome不具合対応「KB4103721」に不具合か

先日のWin10-1803問題ですがこの問題と関係あるのかも知れません。

「Windows 10」春のアップデート後のChrome不具合対応「KB4103721」に不具合か?

米Microsoftが5月8日(現地時間)に公開した「Windows 10」(バージョン1803)向けの更新プログラム「KB4103721」をインストールした複数のユーザーがブートできなくなったとユーザーフォーラムに報告している(ITmediaより)

バージョン1803搭載のPCにこのプログラムをインストールしたところ、再起動できなくなったという。問題が発生しなかったと投稿するユーザーもおり、必ず発生する問題ではないそうだ。Microsoftからはこの現象についてのコメントや対策は発表されていない。(5月9日現在)

さらに詳しくはITmediaニュースをご覧ください<<クリック

心当たりのない「楽天」注文メールにご注意を!

相変わらずレトロな手口でいろいろ詐欺メールがやって来ています。
今回は楽天市場をカタるインチキメールです。

ランダムにドメインネームに適当な名前を大量に張り付けて発信しているのどこへ送っているかみれば詐欺メールなのは一目瞭然。
文章はそれらしく書いてありますが書体が変。

普通は注文していなければ無視すればいいです。
心配なら楽天の注文履歴を見ればそんな注文はしてないのでわかりますね。

うっかり表示されているボタンをクリックすると全く違うサイトに飛ばされたりIDやパス入力をさせられそれこそサギのカモに…。

ふつうは気が付きますが、お慌てになられませんようにということで注意喚起です。

この手のメールは楽天、Yahoo、Apple、Microsoft、Amazonなどいろんな名称でやってきます。

 

Windows10-1803のアップデートでトラブル発生

Windows10の1803という最新アップデートがありましたがクローンでSSDに移行したシステムが突然再認証を要求されて色々と試すも認証サーバーに拒否されてしまう事態がありました。アップデート前は何の問題もなく1週間ぐらい快適に動いていました。

仕方なくマイクロソフトに電話確認したもののWindows7からのアップグレードならばそのプロダクトキーを使って認証をしてください…と。

しかし、そのプロダクトキーが拒絶されどうにもならない事態に。
で確認するも電話サポートではお手上げのようで本当のマイクロソフトの技術サポート?に対応いただきました。

手持ちのプロダクトキーを知らせて確認するもよくわからない。リモート設定でマイクロソフトの人が当方のPCにオンラインでつなぎ手を尽くしていただきましたが結局解決せず、突然画面に現れたメモにプロダクトキーが貼り付けられ、今回に限りという事ですがWindows10Proの製品版のIDをくれました。

一般的にはWin7からのWin10にアップグレードした場合はその時のパーツ構成で認証しているので構成が大きく変更(マザーボードの交換)などあった場合は認証が通らないのは皆さんご存知かと思いますが今回はSSDぐらいしか変更がなくこの調子なら、特にWin7からWin10を経てアップグレードしている人はうかつにSSD化できないというのが感想。マイクロソフトの女性のエンジニアの方には1時間以上電話で対応いただき、その前の電話サポートを合わせると2時間ぐらいすったもんだの事態があったのでした。

でもこれって普通のユーザーじゃ対応むりでしょうね。

サイト更新完了

サイトのリニューアル完成しました。サーバーの設定とデータの都合上、大規模な変更はできないことが判明しましたのでそれに合わせた変更です。特に業務の予約の機能を追加しました。ただし現状では予約いただいてもこちらで対応できるかどうか判断して返答するシステムとしております。あらかじめご了承ください。