断裁機PLUS PK-513Lの刃の交換

自社の断裁機(PLUS PK-513L)がうまく切れないということで刃物を交換しました。

あちこちに貸し出す間にホッチキスなど金属まで断裁されてしまったようでうまく断裁できなくなっていました。

交換自体は30分程度で済みましたが、刃物がホッチキスなども一緒に断裁したと思われる刃こぼれがたくさんありました。

交換後は問題なくカットできます。
最近ではオークションとかで安く売られているものもありますが刃物の状況は見えにくいのでカットしてみないとわかりません。

分解、交換はさほど難しくはありません。ドライバーとラジオペンチ、外形の薄い10ミリのボックスがあれば大丈夫です。
新品の刃物はとてもきれいです。当然ですが、
一方、切れなくなった刃物がコチラ!見事に刃こぼれしています。
刃物が使えないと砥いでもらうかダメージが今回のように大きいと刃物自体を交換しなければなりません。

専門店にて砥ぐ事もできるかもしれませんが今回は運よく新品の刃物PK-513Hをヤフオクで送料込¥8000以下で入手できました。

刃物はAmazonでも¥14000程度します。
PK-513H

リソグラフ〔軽印刷〕

リソグラフの軽印刷ですが、どうも排紙がうまくいかない。紙がカマボコ形状で出てくるので排紙で揃わず目が話せない。今まで何の問題もなかったのに!いろいろ原因を調べると給紙の加給圧の設定が厚紙になっていた。前回、封筒の印刷をした時の設定を戻していなかったようだ。この切替を行うだけで何事もなかったように排紙がキレイに行われるようになった。これも経験しなければ悩むことです。エアコンの風が影響しているのでは?、湿度の問題?と悩んだのですがわかってしまえば「な~んだ」ということにこれで大丈夫!作業時の点検マニュアルを作成しなければなりません。ちなみに機械の取説にはこんなことは書いてません。設定は間違わないことが前提のようです。

13 12 11

冊子のデータ化と再製本の流れ。

冊子のデータ化(PDF)と再製本までの流れです。

まずデータ化する冊子をスキャンできるように背の部分を切断します。

20150210_094606.jpg

 次にデータ化するためにドキュメントスキャナで読み込みます。

20150210_212827.jpg

 スキャニングが完了し正常にデータ化されたことを確認してから再製本します。背の部分を天のり製本します。なぜかラジコンのプロポがありますが関係ありません。

20150210_153829.jpg

 天のり製本後の背の部分はホットメルト糊が固まるとこのようになります。

20150210_153900.jpg

 それから背の部分をきれいにテープ製本します。

20150210_153928.jpg

 製本できました。

20150210_154156.jpg

説明用に適当にあった材料で行ってみました。

きりっ子SK-21MとブラザーA4プリンター

20150222_204933.jpg

 以前紹介したこともありますがwordpressの記事を揃える意味で再度掲載。20150222_204926.jpg

 フルカラー名刺。ご自分で作られたデザインでも可能(*´・ω・`)b。ただしイラストレーターデータのみ。もう一種類カッターがございますので短冊も切れます。

ようこそ、Pogsおくだ工房へ!

Pogsと並行して運営しています。Pogsは一般コンシューマ向け、おくだ工房は業務ユーザー向けのパートを受け持っています。